FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

native bridgeの導入方法の修正

native bridgeの導入をインストール後にすると失敗する(ように見える)ことがある。多分サーバが混んでて時間がかかってるだけだとは思うけど、インストール時に導入しておいたほうが間違いは少ないのかも。ということで修正版のスクリプトファイル。使い方は前回参照。なおx86_64専用です。・install_android-x86_for_ubuntu18.04.sh・install_android-x86_for_ubuntu18.04_w_opengapps.shインストール時にnative bridgeのダウンロ...

Ubuntu18.04環境にコマンドを5行入力してAndroid-x86のDual boot環境を構築

UEFI環境というかNVMe SSDだとpuppyがいうことを聞いてくれないので。Ubuntu18.04環境にAndroid-x86をインストール(手動)するときに、自分が思い出すためのメモ。そんなにAndroid-x86のインストーラが信用できないかって問い詰められそう。#rpmでインストールすればいいじゃんというのはその通り。以下の説明は、公式の最新リリースであるandroid-x86_64-7.1-r2.isoを使用することを想定。違う場合は適切に読み替え。事前準備とし...

Android-x86でミリシタとか

ミリシタが再びnougat環境で動作するようになった記念(?)に現状を整理し直し。それにしても状況の変化が速すぎて、熱帯魚ならプカリと浮くレベルな気がする。ついでに、1からandroid-x86をインストールする手順も簡単に。android-x86をインストールする手順(長くなりすぎたので クリックで展開)Puppy Linux + Android-x86環境とりあえずAndroid-x86のインストーラがどうにも信用できないので、他のLinux環境を構築したうえでAndr...

Android-x86でデレステとかミリシタを新しめのハードウェアで動かす時のメモ書き

後で思い出せるように。Android-x86使って、Raven Ridgeとかでデレステとかミリシタ動かしたいって場合のメモ。基本的には、kernel driverが対応してるかどうかがまず問題。公式サイトで公開されてるものだと、Marshmallow :kernel 4.4Nougat, Oreo :kernel 4.9で構築されてるので、これ以降のkernelを要求するものは基本的には動かない。幸いソースは公開されているので、必要ならば自分で再構築すればいい。既にAndroid-Pが動い...

最近のandroid-x86についての超私的使用感メモ

 古すぎる情報のままにしておくのもアレなので。わざわざ面倒なことやらずに、BlueStacksとかNOXとかを使った方が幸せな気がする、というか激しくする。 個人的には、とりあえずミリシタ(とデレステ)がちゃんと動けば後はどうでも。新しめのkernelでandroid-x86のnative bridgeが動くようになったので、割と最近のハードウェアで動くことは動く。i3-8100(Coffee Lake) iGPUだとFHD環境下でもデレステの重たい曲は3Dリッチ高...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。